ちびっこクラブ再開のお知らせ

2020年9月3日

吉田南幼稚園のちびっこクラブ
(未就園児教室)が9月16日(水)
より再開致します。

詳細につきましては下記のURLにて
ご確認ください。

■ちびっこクラブ9月16日より再開

■1開催にあたり15組までと人数調整
させて頂きます。

※3密を避けるための対策となります
のでご了承ください。

■9月~10月末までのちびっこクラブ
参加希望の方は専用ホームページから
申込が必要となります。

※9月9日(水)までに【専用ホームページ】
からお申込みが必要となります。
当日申込なしの参加で受付出来ませんので
ご注意ください。

■参加の際、保護者の方はマスク着用を
お願いします。

■参加費100円/月額は例年同様に保険料
として必要となります。

 

【ちびっこクラブ詳細ページ】

http://yoshidaminami.com/chibikkoclub/

【ちびっこクラブ専用ホームページ/参加申込ページ】

https://yoshidaminami-little-child.jimdosite.com/

【吉田南幼稚園Instagram】★現在Instagramにて保育の様子を更新しています★

https://www.instagram.com/yoshidaminami373/

Hp Hp2


そうだ、夏休みに!

2020年8月1日

鹿児島市の幼稚園、小学校もようやく夏休みに入りました。

コロナウイルスの影響で何かと子どもたちの活動する幅が
狭まっている。

何か吉田南幼稚園で子どもたちがワクワク出来る夏休み特別保育は
出来ないだろうか。と職員と先月から話し合っていました。


テーマは「夏休みだからこそ出来る保育がある」

ということで、「そうだ!幼稚園を映画館にしちゃおう♩」


こんな保育を考えてみました

この時期、なかなか映画館行けませんから。
幼稚園であのドキドキワクワクを。


アリーナの巨大プロジェクターを使いました


換気もしっかりとりながら。


みんな夢中です。


ワクワクドキドキを幼稚園で実現出来ました♩

夏休み、長時間お預かりする。

先生たちも例年通りでない何か新しい保育を模索してくれています。

お友達と一緒に映画をみて、それぞれの感想を共有し

自分自身の価値観を広げる。

そんな振り返りとセットの保育を行うことが出来ました♩


預かり&ちびっこのりだー

2020年7月20日

本日から1号認定の子どもたちは夏休み期間に入りました。

登園する子どもたちも通常保育時に比べるとちょうど

半分程になっています。

梅雨はまだあけていないようですが、今日は久しぶりの青空です。

そんな日は園庭でいっぱい体を動かして遊びましょう♩

今日は預かり保育を利用する子どもたち対象の「ちびっこのりだー」

の日でした。気持ちのいい青空です。

預かりのりだーの時間は2コマ用意してあります。

前半1コマ目は3歳児さん、後半2コマ目は4、5歳児さんの活動。

特に4歳児さんは久しぶりの「のりだー教室」でしたね。

1コマの時間も、1番大切にしている事は子どもたちが楽しんでいるか。

ストライダーを使って体幹遊びやバランス遊びを行なってくださいました。

幼児期は1つに特化した遊びや運動でなく、多様な動きを獲得するための

大切な時期です。

子どもたちが、たくさんの経験の中で「引き出し」を増やしてくれること。

その経験が気づきもしないところで活用されたり、

効果を出してりするものです。

今日も「のり先生」が、その多様な「引き出し」の種まきをたくさんして

くださいました♩

「あー楽しかった!!」子どもたちのそんな言葉が、この活動の意味を

十分に感じさせてくれるのです。

のり先生、今日もありがとうございました。


お泊りなしのお泊まり保育

2020年7月18日

昨日の終業式のあとは毎年恒例の年長児、お泊まり保育ほ
行いました。

今年はコロナウイルス感染対策として中止にする園もあったよう
ですが、本園の場合は大きな体育館があり、園児ひとりひとりの距離
を保ちながら活動う出来ると判断しました。

ただし、実際にお泊りするのではなく夜8時30分解散として実施。

例年のプログラムを前倒しして、可能な限りの時間にたくさんの
思いを込めて子どもたちと時間を過ごしました。

お泊まり保育開会式。
泊りはなくても子どもたちはワクワクドキドキしています。

今日の活動のスケジュールです♩さあ、楽しもう!!

まずは、キャンプファイヤーの薪集めです。

みんなで園庭中央にセッティングして準備完了

その後はお着替えをすまし、泥んこ遊びに出発です

「先生、楽しんでくるねー!!」
そういって笑みを浮かべ園裏の畑に移動していきました♩

私達男人は打ち上げ花火のセッティング等があり、泥んこ遊びの写真は

撮影できませんでしたが、先日の泥んこ遊びの様子です。

みんな、しっかり泥んこになって遊んでいました

年長児さんはおそらくこれが幼稚園で最後の泥んこ遊びかなぁー。

そう思いながら、逞しく泥だらけになった姿を眺めていました。

シャワーをあびて次は「スイカ割り」へ。

やはりこの緑をみると「夏」を感じます。

さあ、今年は誰がスイカを割るのでしょうか。楽しみです♩

クルクルと回転し、スイカまで到達できるかな。

おっ、ベストポジションへ!!さあ、いけっ!!

ストン!!!惜しい。少しずれてしまいました。

ただ、この見えない緊張感や感覚がスイカ割りの醍醐味です。

おーい、こっちだよ♩

時間がどんどんと流れ、予定時刻を過ぎたということで。
子どもたちも痺れをきらし、「先生!!」と担任なつみ先生の出番です。

「バシッ!!」。スイカが無事にわれました。

無論なつみ先生は空振りに終わりましたので、

子どもたちが自分たちの力で最後までやり遂げてくてました。

さあ、今日の晩御飯はカレーです。定番ですがこの味がお泊り保育の味。

スイカもしっかりと食べましたよ♩

食事はソーシャルディスタンス、一定の距離を保ち、

同じ方向を向いての食事となりましたが、みんな楽しそうでなにより。

3歳以上児の先生たちも、みんなで子どもたちをサポートします。

みんなで協力して楽しい思い出を作るため頑張ってくれました。

食事のあとはキャンプファイヤー。

吉田南幼稚園ではこのキャンプファイヤーの際、ひとりひとり

大きくなった時の「夢」を発表する時間となっています。

少しずつ日が落ちて、薄暗くなってきました。

いつもと同じ幼稚園だけど、いつもと違う雰囲気。

夕暮れの暗さとキャンプファイヤーの火が幻想的な雰囲気を作り出し

発表する子も、ますます緊張している様子です。

そんな雰囲気にものみこまれず、みんな堂々と自分の「夢」を発表してくれ

ました。こんな少しの時間でも人前で発表する「勇気」が成長の証です。

最後は、以前制作した七夕飾りをキャンプファイヤーの火で燃やします。

燃やすというよりは、子どもたちの思いや夢が詰まった短冊の願いを「空」

へ届ける儀式です。子どもたちの夢がしっかりと叶うよう願いを込めて

空へ届けました。

空もだいぶ暗くなってきました。さあ、そろそろ打ち上げましょう。

私は毎年着火役なので打ち上げ花火の写真は撮れませんでしたが、

今年は53発の打ち上げ花火と、園庭中に広げられたナイアガラの滝花火。

子どもたちの「わぁー!!!」という声が印象的でした。

そして最後は手持ち花火を♩

真っ暗の中、花火はキラキラと輝いています。

楽しい時間は、本当にあっという間です。

この花火が最後、無事に予定時刻に全てのプログラムを終了できました。

楽しい時間はすぐに過ぎてしまいます。

けど、今回悩みに悩んで「お泊りなしのお泊まり保育」を実施出来て

本当によかったと思っています。

子どもたちの、終始見せてくれた「笑顔」はきっと記憶に残る時間

になった事は間違いありません。ありがとうございました。


シャボン玉

2020年7月18日

先日のもも2組の子ども達の活動の様子です


園庭ウッドデッキでシャボン玉をする様子

私も長年、子ども達の写真を撮り続けていますが一眼レフカメラを使ってもなかなかシャボン玉の躍動感を撮影する事ができません。

なので、せめてシャボン玉らしさをお伝えするため受け皿の液体を撮影。

うっすらと、子どもたち作ったシャボン玉が写っています。
本当は、もっと大きなシャボン玉をたくさん作っていたんです。

撮影のことは置いて、シャボン玉は楽しいですね。
液体から何やら円形の道具を使い、ゆっくりと振る事で
今まで何もなかった目の前の景色に突如、丸い透明の物体が現れるんですから。

その美しく、透明でありながら太陽の光を浴びるとキラキラと虹色に輝く丸い物体。
不思議で不思議で、手に取ろうとすると「パチン!」と姿を消して、つかまえることができません。

その不思議な感覚と好奇心が最高におもしろく、何度も何度も同じ動作を繰りかえし行います。

こんな小さな不思議や疑問や興味が、これからたくさんの未来への矢印となるように。色々な経験をしていきましょうね。


ボディーペインティング2020年 ♯さくらの巻

2020年7月9日

年長さくら組さんは今年が最後のボディーペインティング。

おそらく大抵の子にとっては人生最後のボディーペインティング に

なるかもしれません。なので、、、、楽しみ方が他の年齢児とは全く違いま

した。一言でいえば「勢い」がすごかったと表現しておきましょう。


先生のスタートの合図で、いきなりこんな感じです。勢いが違いました。
けど、こんなに「楽しい」を表現できる子ども達を嬉しく思います。


さあ、わくわくの時間です


ペタペタの準備OK!!さあ、いくぞ!!


女の子たちも負けじと絵の具を手に付けていきます


しろ、あお、ピンク、あか、みどり、きいろ。色の移り変わりを楽しんでいます


おりゃー!!弧を描く


ダイナミックに活き活きと活動しています


この手が活動の楽しさを物語っています


じゃーん!!子ども達の手のひらキャンバスも1つ1つ違いがあり味があります


ほらー、先生みてみて!!


手に塗り飽きて、腕にも色ぬり中


おっ、ここにもキャンバスが♩


キラキラ、のびのび、ワクワク♩


やるなら全力で遊ぼうよ!!と物語る1枚
こんな表情みせてくれたら、準備した先生達も大喜びです


さくらぐみ、最後のボディーペインティング♩
大きな大きな思い出ができました♩


ボディーペインティング2020年 ♯うめの巻

2020年7月9日

年少もも組に引き続き、吉田南幼稚園で1番園児数が多い学年

年中うめ組さんのボディーペインティングの様子です。


楽しみにしてた活動、いよいよスタート


お皿の上も色々な色が集まっています


みてー!!ピンクになったよ♩


先生達も一緒にペタペタ


リズムを感じます


ペタペタペタペタ


ここにもアート作品をみつけました


せんせーい、ほらー♩と言いながら色遊びを楽しむ子ども達


とっても楽しそうに終始笑顔で活動していました


色が混ざりすぎてグチャグチャ。けどここまで混色するのが楽しいんです♩


この手はグラフィックアートです


大量の絵の具は子ども達に「笑顔」を贈ってくれました


最後は記念写真♩中島カメラマンが貴重な思い出を撮影して下さいました


ボディーペインティング2020 ♯ももの巻

2020年7月9日

昨日のボディーペインティングの活動をご紹介します。

写真が多いので文書として多くは語りませんが、

例年のボディーペインティングと異なり色つけの対象はダンボールに

しました。接触、接近防止としての配慮となります。

子ども達、本当に楽しそうに活動してくれました。よかった。


ダンボールに鮮やかな色


手を使い絵の具の感覚、色の変化を楽しみます


色の混色も体験


アート職人となった子ども達


芸術は爆発、こういう事をいうのかもしれません


とても綺麗な配色ですね


はじめてのボディーペインティングを楽しみました「もも1組」


はじめてのボディーペインティングを楽しみました「もも2組」


七夕まつり

2020年7月7日

七夕まつりをおこないました

子ども達が短冊に願いを書き、飾り付けを折り紙で作り
笹の飾りつけを行いました。

ステキな願い事でいっぱいになりました

折り紙の飾りもとても上手にできています。

七夕に関する話をしたり、ブラックシアターを先生たちが

披露してくれました。

最後は大きな声で「たなばたさま」を合唱しましたよ♩

さあ、年長児さんは飾り付けした笹を地域のお世話になっている事業所等へ

贈らせて頂くため、バス移動です。

1つめは「JA鹿児島みらい吉田南支店」さんへ贈らせて頂きました

2つめは吉田南幼稚園の理事もして頂いている福木さんの大原簡易郵便局に贈らせて頂きました

3つめは、鹿児島県教育センターさんへ贈らせて頂きました。

いつも快く迎えてくださり、本当にありがとうございます。

園の代表として表舞台に立つ事が増えてきた年長児さん。

これからも頼もしい姿、ますます期待しています。


© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園