砂遊びはいつ卒業する?

2022年1月19日



▲すな遊びに夢中になる満3歳児の子どもたち

 

小さい頃、私も砂場でたくさんの遊びました。
トンネルを作ったり。山を作ったり。水を流して滝を作ったり。

 

絶対に割れない団子を作ったり。
質感をサラサラしたくてどこにどのような土があるのか必死に調べたり。
足を砂に埋めて、砂の温かさや質感を楽しんだり。
型にはめて、ごっこ遊びを楽しんだり。
私自身、砂遊びを思い出すときりがないほど、たくさんの思い出が蘇ってきます。

 



▲お砂で料理を作り、お家ごっこに見立てて遊ぶ子どもたち

 

砂は小さな子どもたちにとって、何にでも見立てて遊ぶ事ができます。
子どもたちにとって自分の思いや、やりたい事を実現化する最も身近で日常的な素材なのです。

 



▲型はめしたお砂のごはん。はいどうぞ♫

 

子どもたちの頭の中。
覗き込むことはできません。けど、砂場遊びをじっくりと見ていると、子どもたちが感がていること。興味があること。今したいこと。

次々と自らの頭の中にあるものを、砂を使って創作してくれます。

 



▲砂をご飯に見立てて、先生との会話を楽しむ。

 

お父さん、お母さん。あなたはいつ砂遊びを卒業しましたか?

 

なぜ砂遊びを卒業したのですか?

 



▲砂場は創造のキャンバス

 

大人が意図的に砂場を卒業した記憶は、きっと誰もない思います。
小さな頃に砂で見立てて作っていた物や素材など、だんだんと成長するにつれて本物を使う機会と出会うからです。

 

小さな子どもたち。
子どもたちは大人になるまでの時間、たくさんの見立てをして、砂場という創造のキャンバスで沢山の事を学んでいきます。

 

作っては壊して。作っては壊して。
何度も失敗ができ、思い通りいかなければすぐにやり直せる砂遊び。
この繰り返し繰り返しが、子ども達の創造性や感性を豊かにしているのではないでしょうか。

 

大人にとっては、ただの砂遊び。けど、この砂遊びにはたくさんの学びがあるということです。

 

あそびは学び。

 

あそびは学び。


3学期始業式

2022年1月7日

3学期始業式

本日3学期始業式

久々にみんなが集まり
ました。

みんな元気な姿を見せて
くれて大変嬉しい1日です。

お正月の話や
久々に園庭で遊ぶ姿

素晴らしい
3学期にしていきましょう


始業式の様子


みんなで冬休みの振り返り


みんな元気な姿で登園してくれました


年長クラスは卒園まで残りわずかです


始業式前には外遊びも出来ました


聖人ニコラウスとクリスマス

2021年12月25日

img_3815-1

メリークリスマス。
昨日は子ども達と楽しいクリスマスイブを過ごせたでしょうか?
サンタさんからも子ども達に「プレゼント」が届きましたか?
各家庭によってそれぞれの過ごし方やクリスマスの在り方があると思います。

私も我が子へのクリスマスプレゼントを考えていた時、ふと思ったことがありました。
「なんでクリスマスにサンタクロースはプレゼントを与えるのだろう?」

色々と調べると2つの説が出てきましたのでご紹介します。
1つ目の理由は、サンタクロースのモデルとなった聖人ニコラウスが、貧しい人々に贈り物を配ったことが習慣化したからだそうです。
2つ目の理由は、北欧の伝説でソリに乗った妖精がプレゼントをくれるというものがあり、聖人ニコラウスのお話と結びついてクリスマスイベントとなったからとの事でした。

私的には1つ目のニコラウス説が非常にしっくりときます。
私たちが過ごす園生活でも「困っている人」がいれば「寄りそってあげる」事を大切にしています。

何かを与える事だけが正解ではなく、「困っている人」の気持ちをひろってあげる優しい心。
困っている人を「何かあったのかな?」と感じ取れる観察力。そういった力は人としてとても「大切な力」だと考えています。

IMG_4541

人ではないのですが、2学期にこのような事が保育時間であったようです。
年少3歳児の男の子たち3人の写真。
よく見て下さい。カマキリがいます。
この男の子たちには「カマキリが壁の向こう側に行きたいけど、どれだけ頑張ってもこの壁向こう側にいけない。」
そう感じ取ったようです。それが彼らの「観察力」。子ども達は人だけでなく「虫(いのち)」達にも観察眼を日頃から向けています。

そして壁の上にいる男の子は「ツル科の植物を使い、上え引っ張ってあげようとしています。」
左下側の男の子は「木の枝で上に持ち上げようとしています。」
右下側の男の子は「がんばれ、がんばれ。」と応援しているのでしょうか?

いずれにせよ、彼らも「聖人ニコラウス」のように「あたたかくて優しい心」が育っていること感じました。
幼児期はこのように、人だけでなく周囲の「生き物(いのち)」を通して「命の尊さや道徳心」を学んでいく時期でもあります。

 

bfcefadbbaacbf

こちらは2歳児クラス(満3歳児)の女の子。
園庭の築山は子ども達の目線では非常に高く、地面も凸凹としていて歩きにくい場所です。
右側の女の子は、緩やかな傾斜を下ることが少し怖かったようです。
そこに歩み寄る左側の女の子

そっと「手」をつなぎに来てくれました。
この2歳児クラスの子ども達にも、確かな「優しさ」が芽生えています。
「この子が今、何かに困っていて。何かを必要としている。」それを感じ取った行為が「手をつなぐ優しさ」なのかもしれません。

大人でも中々出来ない事。
優しくて「まっしろな心」を幼児期にしっかりと育むことが大切だと私は思います。

聖人ニコラウス。
いつの時代も「人」が「人」を支えること、「労わる」こと。
こんな気持ちを大切にしていきましょう。

メリークリスマス。

園長


ご報告です♪ASOBIO

2021年12月22日

ASOBIOを創ろうhttps://note.com/ouchien/n/nf69796ffafe2

カラフルな遊具と灰色の地面がほとんどだった10年前の吉田南幼稚園。
ある日から、園庭に自らスコップで穴を掘り「木」を植える事をはじめました。
次の年は芝生を張り、次の年は実のなる木を植え、少しずつ園庭の中に「みどり」が芽生えてきました。
たくさんの緑は周囲から「小さな命(虫や鳥等)」を運び、その緑が子ども達の日常に「命のとの関りの時間」をもたらしてくれました。
それが吉田南幼稚園の園庭です。

ASOBIO★

▲自然と子どもが主体的な共存する園庭

 

さて、この度吉田南幼稚園は
スマートエディケーションさんが新たに取り組む
「ASOBIO」プロジェクトの

アンバサダーに選ばれました。
全国で6園のうちの1つです。

10年間の取組や園庭環境構成などが評価されとても嬉しい限りです。
監修は「玉川大学教授 大豆生田 啓友 」先生です。

そして、冒頭で述べましたが。
園庭に「緑(みどり)」が加わる事で私たちの園環境は非常に「豊か」になっていきました。
視覚的にも自然がもたらす緑は「心を豊か」にしてくれます。大人も子どもも「心の豊かさ」が芽生えます。
生命が宿り、地域中から様々な命(虫や鳥など)が園に遊びに来るようになります。
その命と子ども達の出会いは、小さな環境設定からはじまります。

子ども達の主体と、自然の主体。自然(いのち)の主体性を含めた「共主体」の保育について一緒に考えませんか?
ご興味ある方は是非【ASOBIOオンラインセミナー】にご参加下さい♪
https://note.com/ouchien/n/nf69796ffafe2https://note.com/ouchien/n/nf69796ffafe2
picture_pc_437866de213abd70ff8eb5fc5f19033e


★ASOBIO★

▲植物の緑と子ども達の遊びが共存するあたたかな園庭
IMG_4087(1)
▲自然(いのち)の主体性を含めた「共主体」の保育について考える
ASOBIOを創ろう


2学期終業式

2021年12月20日



12月17日2学期の終業式

 

12月17日は吉田南幼稚園の終業式。2学期はまん延防止措置による状況でのスタート。子ども達が全員集まるまで時間が必要でしたが、無事に運動会やお芋掘り、園外保育や餅つき大会、クリスマス会などたくさんの行事を通して子ども達と過ごすことが出来ました。

 



学び大き2学期を無事に迎える子ども達

 

ゆったりとした時間が子ども達を育てる。子ども達はゆったりとした時間の中で「熟成」されていく。お遊戯発表会を今年度から3学期に移した事で、これまで以上に子ども達の成長と向き合う時間を作れました。

 

そして、吉田南幼稚園の冬休みは少し早く迎えるのですが。この年末までの期間、先生達が2学期の保育の「振り返り」を行います。

 

様々な事を振り返り、3学期や次年度に活かす貴重な時間として近隣の小学校などより1週間早く学期が終了する事もお伝えしておきます。

 

この先生達の「振り返り」の時間こそが、保育の質を高めること。お預かりしている一人一人の子ども達の特性と向き合う時間となり、3学期以降も質の高い保育を実践するために使われているのです。

 

とはいえ、12月20日からも預かり保育や2号認定、3号認定の子ども達は通常通り登園しますので今年残り少ない時間となりますが、引き続き吉田南幼稚園を宜しくお願いいたします。


クリスマス2021

2021年12月16日


吉田南幼稚園にサンタがやってくる

今日はクリスマス会、吉田南幼稚園にサンタクロースがやって来ました♫


PTAのお母さん達の読み聞かせ

お母さん方の読み聞かせで子ども達のクリスマスへの期待が高まります


子ども達のためにありがとうございます


年長クラスの作品


年中クラスの作品


子ども達の作品が華やかです


作品達が会場を彩ります


先生達のハンドベル演奏♫とても素敵でしたよ


クリスマスキャンドルを持つ子ども達


あわてんぼうのサンタクロース

子ども達がワクワクとする12月。クリスマスは子ども達にとって誕生日と同じくらい楽しみにしています。明日で2学期は終業式を迎えますが、今年1年元気にすくすくと成長しましたね♫

また笑顔で過ごしていきましょう♫


身体を動かすたいせつさ

2021年12月14日


しっぽとり遊びをする4歳児クラス

思う存分に身体を動かす事はとても幼児期に大切な事です。


走る、止まる、反転するなど様々な動き作り

当たり前のようにみえて当たり前ではないこと。それは、いつでも運動が出来る広々とした環境です。吉田南幼稚園には広い広い園庭があります。


うんどうすることが大好きになります

平らな園庭だけでは子ども達の動きは最大限に伸ばせません。傾斜面があったり、階段があったり、時にトンネルをくぐったりジャンプしたり。吉田南幼稚園の園庭環境は様々な動きが自然と身につくよう、拘りぬいた園庭です。


廃材コーナー遊び

2021年12月11日


吉田南の新たな環境構成

吉田南幼稚園に新しいコーナー遊びの環境構成を行いました。「廃材コーナー」遊びです。

子ども達は家庭や園で使用しなくなった廃材を使い、頭の中でたくさんのアイデアを浮かべながら遊びを広げていきます。


黙々と遊びこむ姿

22世紀を生きる子ども達の世界。想像した事ありますか?今ある仕事の50%近くはAIなどの成長で機械が担う時代です。そして新たな仕事が続々と生まれる時代。では人の役割や仕事はどうなるのでしょう?


秘密基地を対話しながら作る子ども達

これからの未来は予測不能な未来、VUCA時代と言われています。たくさんの物、こと、情報が目まぐるしく変化して予測が出来ない未来が待っています。1つ確かな事は、これまでの暗記ベースの学習ではなくなるということ。暗記や情報は調べれば簡単に手に入る時代。

大切な事はその情報や新たな物、ことを活用・運用し社会に役立つ力が大切と言われています。そのためには人が持つ創造性を豊かに表現でき、膨大な情報から世の役に立つ事を生み出す力が必要です。


創造性豊かな子ども達の世界

私達大人が歩んだ未来とは全く異なる学び方で学習し、私達大人が予想も出来ない世の中を生きる子ども達。

その世界で必要なのは人と人が対話しながら物事を生み出し発展させる力。創造性豊かで柔軟な思考。粘り強く最後までやり抜く力。

iQ以上にEQ「心の知能指数」が非常に大切になってきます。


創造性豊かな幼児期

廃材コーナーでは使われなくなった牛乳パック、ペットボトル、紙、段ボールなどを多様に使い子ども達が対話をしながら様々な物を生み出していきます。

まるで未来を創造するように、目の前の物から脳をフル回転してアイデアを出していきます。

わからない事は調べる、やってみて失敗した事は改善してみる。このような遊びを通して、未来を創造する準備をしているようです。


廃材から必要な物を探す子ども達

先生に言われたことしか出来ない子、ではなく。わたしはこうしたい!ぼくはこうしたいんだ!そういった主体的な学びや行動がアクティブラーニング、小学校就学以降の学びの力となります。

やらされるから、やる!へ変換する。上から指示された事をやるという行為は機械化されていきます。


廃材のペットボトル、あなたなら何を生み出しますか?

さあ、どんな未来を作るのか。

今世界中で幼児教育の重要性が再認知され、少子化でも一人一人が輝き、活躍する未来を大人達も共に創造していかなければなりません。

吉田南幼稚園でも「遊び」の中から教え込む保育ではなく子ども達がやりたい。主体的な保育に矢印が大きく方向転換しています。

昭和平成の保育から令和の保育へ。未来の子ども達と共に歩んでいきましょう。


夜の吉田南幼稚園

2021年12月9日



子ども達が制作した
ペットボトルツリーライトアップ

 



子ども達の作品は夜になると綺麗に光ります

 



園舎もライトアップ
吉田南幼稚園の夜は美しい

 



落葉した木にイルミネーション

 



吉田南幼稚園の夜の姿も子
ども達にお届けします

 



吉田南幼稚園に本物のモミの木があります
みんなで飾り付けをして夜にはライトアップ

 

 


クリスマスツリー

2021年12月9日

今日は5歳児さんが園の裏口に植えられている本物のモミの木に飾り付けをしてくれました♫

 



丁寧に飾り付けをしています

 



モミの木がある吉田南幼稚園♫

 



高いところは脚立を使い飾りつけします

 



子ども達のキラキラとした横顔が素敵です

 



たくさんの願いを込めて

 



3メートル近いクリスマスツリーが完成です


© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園