絵本と親しむ

2020年5月14日

預かり保育室に新しく出来た絵本コーナー。

たくさんの子ども達が絵本に興味を持ち、色々な絵本を手に取り読んでいます。展示の方法や種類分けする事でますます主体的に絵本と親しんでくれそうです♩


絵本コーナー


1人で集中して絵本を読む様子

とても面白いのが絵本の読み方。

1人で絵本を読む子もいれば、ペアになって共有しなが絵本を楽しむ姿もあります。そしてペアではありますが1人が先生のように絵本を読み聞かせする姿もありました。


果物の絵本を共有して楽しむ様子


リラックスして絵本と親しむことで集中して時間を過ごせています


先生のように読み聞かせをしている姿もみれました。

子ども達の「主体性」を伸ばしたいという保育の中で私は環境構成がもっとも大切なことだと考えています。主体性って、自ら興味を持ち取り組む姿。現時点で主体性があまりないのであれば、少し環境を変えたり関わりを変える事で子ども達の行動にも変化があります。

これは絵本にスポットをあてた環境構成の一部ですが、ご家庭でも絵本棚にただ陳列するだけでなく、読んでほしい絵本などの表紙面が見えるように並べてみたりすると子ども達の行動に変化が見つかるかもしれませんね。あとは子ども達が自ら、いつでも取り出せるような環境が大切です。

うちの子は絵本に興味がなくてぇ。という時は色々と工夫してみてくださいね。また、絵本に集中できない環境の場合は空間に仕切りをつけてあげたり、天井から布などを使い高さを低くすると良いかもしれません。

集中できる環境、読みたくなる環境。工夫ひとつで色々な変化が見えるのは非常に面白い事ですので是非ご家庭でも取り組んでみてください。

© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園