平成31年 4月募集人数予定

年齢※定員
1号認定
※定員
2号認定
※定員
3号認定
募集人数
5歳児20名10名0名
4歳児20名10名0名
3歳児20名10名21名
2歳児6名若干名/お問合せ下さい
1歳児6名4名
0歳児33名

 

■平成31年度の1号認定入園申込は平成30年11月2日(火)をもち、定員に達しましたので受付を締め切らせて頂きました。今後在園児の転居等により空きが出た場合は「入園待ち」の順番にご案内させて頂きます。入園待ちをご希望されるか方は本園迄ご連絡下さい。。(※但し、入園の空きが出ない場合もございますので予めご理解ください。)

■2号認定、3号認定は鹿児島市が利用調整を行い入園内定いたします。第1期募集は平成31年1月中旬迄となりますので期間内に申し込みを行ってください。また、園児募集状況など園児の転居等により変更となる場合もございますので、お気軽にお問い合わせください。

平成30年10月17日(水)/午前10時~11時30分頃まで (終了しました。)

受付午前 9:30~
幼稚園見学
※お子様と一緒に幼稚園を見学しましょう
午前 10:00~10:15
説明会(認定こども園に関する内容/保育料/認定/預かり時間等)午前 10:15~10:45
吉田南幼稚園保育内容等のご説明午前 10:45~11:15
個別での質疑応答午前 11:15~

入園申込み受付

1号認定の申込みについて

平成30年11月1日(木)~ 11月2日(金) (終了しました。)

    • ※受付時間は午前8時から午後5時までとします。
    • ※土・日・祝は願書受付を行っておりません。
    • ※募集定員数を超えての申し込みがある場合は入園選考方法を優先し、その後抽選とします。(1号認定に限る)
    • ※11月2日以降も各年齢定員枠に空きがある場合のみ入園願書受付を継続して行います。
    • 幼稚園様式の入園願書は代理者の提出でも構いません。但し鹿児島市様式の支給認定申請書兼申込書の提出は、保護者様本人による提出が必要となります。

2号・3号認定の申込みについて

平成30年11月1日(木)から随時(第1期募集は11月1日~1月中旬。第2期募集は1月中旬~2月中旬頃迄)

  • ※受付時間は午前8時から午後5時までとします。
  • ※土・日・祝は願書受付を行っておりません。
  • ※入園内定につきましては鹿児島市が利用調整を行います。
  • ※2号・3号認定の入園内定発表は平成30年2月上旬頃。鹿児島市から保護者様へご連絡となります。

1号認定・入園選考方法について

既に兄・姉が本園に在園しているご家庭。

※在園児兄弟はお子様の幼稚園が別々になる事で保護者負担が拡大する事を考慮し、入園を優先致します。

平成30年度、未就園児教室(ちびっ子クラブ)への参加者は入園を優先致します。

1号認定・募集定員を超えた場合の選考方法について

1号認定入園希望者が上記【願書受付期間】で、募集定員を超えた場合は下記の日程で抽選により入園決定を行います。抽選は公開と致します。

  • 抽選順に関しましては入園願書を提出した受付番号の順番とさせて頂きます。
  • 抽選の場合は11月7日(水)AM11;00頃を予定しております。抽選該当の保護者様へは11月6日(火)迄に幼稚園からご連絡させて頂きます。(連絡がない場合は内定とご理解下さい。)

※抽選当日に参加できない方は代理の方を立てて頂くか、もしくは園代表者が代理抽選を行います。

特別な教育的支援を必要とするお子さまの入園相談について

  • 特別な教育的支援を必要とするお子さまにつきましては、必ず事前入園相談を受けて下さい。

認定こども園に関するQ&A 

~保護者の皆様へ~

認定こども園を利用したい場合、手続きはどうすればいいのですか。

新制度では、教育・保育を利用する子どもについて、3つの認定区分を設けています。

3歳以上で教育のみを希望される場合(1号認定に該当)は、認定こども園に直接申し込みを行うことを基本としています。その後、園を通じて支給認定の申請・支給認定証の交付を行い、園と契約をしていただくこととなります(教育時間終了前後の預かりを行う園もありますので、必要に応じて適宜ご相談ください)。

3歳以上で教育・保育の両方を希望される場合(2号認定に該当)や3歳未満で保育を希望される場合(3号認定に該当)は、まず、市町村に保育の必要性の認定の申請及び利用希望施設の申し込みを行ってください。その後、市町村が利用調整を行ったうえで、利用する園と契約をしていただくこととなります。

入園の選考は、誰が、どのように行うのですか。

利用希望者が園の定員を超える場合の入園の選考

1号認定の子どもについて

抽選や先着順、設置者の理念に基づく選考等の公正な方法で、あらかじめ保護者に選考基準を明示して園が行います。

2・3号認定の子どもについて

保育の必要の程度及び家族等の状況を勘案し、保育を受ける必要性が高いと認められる支給認定子どもが優先的に利用できるよう市町村が利用調整を行います。

認定こども園の保育料は誰が決めるのですか。

子ども・子育て支援新制度においては、認定こども園も含め、保護者の所得に応じた負担(応能負担)を基本として、国の基準を上限として、地域の実情に応じて市町村が保育料を設定します。ただし、園によっては、実費分を別途徴収することや、通常よりも手厚い教育体制を整えているために必要となる経費を特定負担額として別途徴収することもあります。

認定こども園に通わせると、幼稚園就園奨励費はもらえるのですか。

子ども・子育て支援新制度においては、認定こども園を利用する場合、子ども・子育て支援法に基づく認定を受けることになりますので、施設型給付費が給付されることとなり、幼稚園就園奨励費補助の対象にはなりません。

© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園