ひろ~い園庭

ひろ~い園庭

吉田南幼稚園自慢の広大な園庭。 この「ひろ~い園庭」を見て毎回、外部の幼稚園関係者などからは評価をいただきます。 近年、子ども達が駆け抜ける大きさの園庭確保が非常に難しく、この園庭の広さが、いかに恵まれた環境なのかを思い知らされてきました。運動会や毎日の自由遊びなど、子ども達がのびのびダイナミックに遊びを展開しています。 定員95名に対し、1人当たりに与えられる面積の広さを考えると・・・ この園庭の広さは幼児期の育ちに非常に重要な「宝もの」です。

ツリーハウス

ツリーハウス

吉田南幼稚園のシンボルツリーである「せんだんの木」と一体化したツリーハウス。ツリーハウスの中には大きな枝が通っていて直接触れる事も出来ます。 夏には沢山の虫たちが遊びにきたり、秋にはせんだんの実が沢山実り、ごっこ遊びの材料としも子ども達に大人気。四季によって様々な感覚を育むことが出来ます。 最上部には「勇気の鐘」があり、登り終えた子ども達の達成感を音として奏でます。天気の良い日は最上部から桜島もみえるよ。

調理室

調理室

2015年にリニューアル改装した調理室は乾式床の清潔感溢れる空間となっています。 子ども達の毎日の食事やおやつはここで調理します。 常勤の栄養士が作る献立や経験豊富な調理師が作る給食はまさに絶品です。家庭では苦手で、なかなか食べない野菜などの食材もクラスという集団の中では食べれる子ども達も多く、幼稚園の給食は家庭で行う「食育」活動のきっかけ作りとなっているようです。

アリーナ

アリーナ

鹿児島県内の幼稚園でも最大級の大きさがあるアリーナ。 子ども達が運動遊びをしたり、お遊戯会や、ピアノ教室、造形活動、フットサルなど様々な活動で使用します。 特に6月の梅雨時期に入ると、外で遊べない子ども達にとって非常に貴重な保育空間となります。 子ども達がストレスをためる事なく、園内でおもいっきり遊べ広さが常に確保されています。

3~5歳児保育室

3~5歳児保育室

この保育室から沢山の子ども達が吉田南幼稚園を巣立っていきました。 毎日の生活をおともだちと、大好きな先生と、ゆっくりとした時間の中で過ごします。 朝登園したら自分の靴箱に靴を入れ自分の棚にカバンを掛け、所持品整理を終えると、絵本を読んだり、外で遊んだり、10時から始まるクラス活動の時間までひとりひとりが遊びを選択して時間を過ごします。

0~2歳児教室

0~2歳児教室

2015年に増設と改修工事を行い、天井・床・壁を全て杉張りでつくりました。 幼稚園の教室とは違い、1日の長い時間を過ごす保育室は「家庭のようなあたたかさ」をコンセプトとしています。全国の認定こども園などを実際に視察し「吉田南幼稚園ならではの保育室・保育環境」をつくる事ができました。 神経系の発達も著しいこの時期に、木のあたたかみを裸足で感じ、毎日の生活を、ゆっくり、じっくり見守っていきます。

築山

築山

4年目に突入したアクティブタイム(基礎運動能力向上PJ)にどうしても必要と考えていた念願の築山を2015年に造る事ができました。「のぼる・おりる」を何度も繰り返す事で全身運動となります。子ども達にとっては運動をしているというより【頂上まで手をつけないでのぼる!】ことや、【頂上からソリで滑り落ちる】など主体的な遊びの中から、発想・行動を促す遊具となってきました。 自分で考え自分で遊ぶ事を学びます。

赤いやねのお家

赤いやねのお家

ツリーハウスの横に設置された赤いやねのお家。 ツリーハウスがお父さんとすれば、赤いやねのお家はお母さんのような存在です。最上部の高さは低いですが、1階の絶妙な天井高(少ししゃがまないと頭がぶつかる高さ)は子ども達にとってワクワクな空間です。 また、子ども達にとって1番のお気に入りの場所は地下の空間。上下左右が狭いので、周りに邪魔されず黙々と遊びに熱中できる場所となっています。

みんなの広場

みんなの広場

0~2歳児専用につくられた園庭です。 もちろん「ひろ~い園庭」でも活動をしますが、3歳以上児さんと時間が重なったりした場合や1歳児で歩行が出来るようになった子ども達の為に「安全に遊べるスペース」の確保を行いました。 転んでも痛くないようにクッション性の高いマットを敷き、その上から人工芝を張っています。 1・2歳児が6名程度で遊ぶには非常に良い環境となり大人気の場所です。

うさぎ小屋

うさぎ小屋

園庭で唯一、飼育されているうさぎさんのお家です。うさぎ小屋のうさぎ達は子ども達のアイドルです。 子ども達は日常生活の中でキャベツのエサあげを体験したり、「じーっと」うさぎさんの行動を目で追っかけたり。観察はいつでも自由です。 幼稚園で生活しているのは子ども達だけでなく、うさぎさんも同じ。 大切なともだちです。

ウッドデッキ

ウッドデッキ

梅林側入り口から、なが~く伸びるウッドデッキスペース。 使い方は子ども達の自由です。 大人にとっては通るだけの通路ですが、子ども達にとっては「ごっこ遊び」の会場になったり、レンジャーごっこの跳び台になったり、お友達とお話する場所になったりします。 また、0~2歳児教室と隣りあわせなので3歳以上児の子ども達がよく遊びに来てくれます。縦割りでの関係づりにも活用されるスペースです。

© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園