大切にしていること。

子ども達がのびのびと今日も園庭で遊んでいる。素晴らしい光景だ。 幼児期の教育とは小学校の教科学習を前倒しする事ではない。 幼児期とは「人格形成の基礎を培う場所」である。文字が書ける、計算が出来る、お勉強が出来る。大人の都合を押しつけてはならない。絶対に。

幼児期の教育とは「あそぶ」ことである。とことん遊ぶ事である。自ら興味を持つことで知的好奇心が育ち、発見する事の楽しさを知り、ともだちと共感する事の嬉しさを学ぶ。その遊びから得た「学び」が就学へ向けた学習への基礎を作り、しっかりとした高い人間性や社会性を育てるのだ。

考える、工夫する、創造する、協力する、発見する、やり遂げる。子ども達は日々、様々な表情を浮かべながら「あそぶ」。 そこに幼児期の「学び」が存在する。

© 認定こども園 吉田南幼稚園

認定こども園吉田南幼稚園